PRODUCT製品紹介

ZW3Dとは・・・

ネイティブデータが読める「ダイレクト・トランスレータ」を標準装備し、金型製作やデザインレビューにつなげることが出来ます。
3次元測定器のデータを直接処理する点群処理機能も搭載。

ZW3D スタンダード

ダイレクト・トランスレータ機能

CATIA(V4/V5)、Pro/E、SolidWorks、NX、Inventorなどのネイティブデータを直接読み込める「ダイレクト・トランスレータ」を標準装備し、中間フォーマットに比べて高い変換効率でのデータ受け渡しを実現します。ヒーリング機能と合わせることにより複数のCADシステムとの連携を求められる解析部門や生産技術部門のCADに最適です。

ヒーリング機能

インポートモデルに対して指定した公差、修正範囲内で開いたエッジ(面の欠落、エッジのずれ、ギャップ)を素早く修正する事が出来ます。また、頂点、エッジ曲線、フェース境界などの形状要素に関連した異常状態を解析し、隣接面の連続性をG2まで指定する事が出来るため、意匠部品の修復にも活用できます。

ダイレクト・エディット機能

サーフェスとソリッド、両方のモデルを効果的に編集できます。インポートしたデータのジオメトリフィーチャーを素早く変更、ダイレクトエディットやパラメトリックモデリングを組み合わせ、効率よく設計、ダイレクトモデリングを通じてスピードと柔軟性を向上させ、設計作業をより早く、より効率的になります。

モデリング機能

ソリッド、サーフェス、ワイヤーフレーム、2Dデータ、デザインスケッチなど、あらゆる要素を含めたモデリングが可能です。直前コマンドの再呼び出し、マウスでの選択と決定なそ、モデリング作業中にマウスとキーボードを行き来する頻度を減らすことで作業時間を短縮する事が出来ます。わかりやすさ、覚えやすさ、操作性の良さが特徴です。

モーフィング機能

ソリッド、サーフェス、ワイヤーフレームに対して接合条件を維持しながら任意の要素を動かすことで形状の変形が可能です。通常のモデリング機能のみでは数時間以上かかる形状変更をわずか数分で実現します。デザイン検証のためのバリエーション展開などで威力を発揮します。

アセンブリ機能

アライメント拘束を選ぶだけで、より簡単に早くアセンブリモデル操作ができ、複数部品が同期した動作のシミュレーションによる干渉チェック、デザインレビュー用アニメーション出力などが可能です。また周辺部品を表示したまま部品編集が可能なため干渉相手との位置関係を確認しながら設計変更を行なうことが出来ます。

図面機能

3Dモデルと図面は相互に関連付けされているため、3Dモデルを変更すると、図面に自動的に反映されます。JISに対応した各図面機能、寸法タイプの自動切替、形状要素からの寸法タイプ自動判別によって、図面化作業効率を向上します。断面図、詳細図、部品表なども簡単に配置することが可能です。

ZW3D プロフェッショナル

リバース・エンジニアリング

3次元測定器などからの点群・STLデータを使って、ダイレクトに滑らかなサーフェスの作成を実現します。点群情報だけでなく隣接面との連続性も考慮したサーフェスを作成が可能です。モックアップからのサーフェスモデル作成の他、プレス成形品などのリバースエンジニアリングにも有効です。

インテリジェント金型設計ツール

プロフェッショナルは、モールド設計に不可欠な機能を備えています。金型作成支援機能であるドラフト作成、アンダーカット解析、キャビコア分割、パーティングライン&サーフェスの作成、スライド、電極とブランク材作成機能等々、強力な金型設計機能を備えています。

PartSolutionsライブラリ

ANSI、ISO、JISなどの国際的な標準となる主要サプライヤーからのパーツがライブラリーとして用意されており、フィーチャー・モデルやアセンブリの作成がより簡潔に行えます。

動作環境

OS Windows7 Professional 64bit
Windows8.1 Pro 64bit
Windows10 Pro 64bit
CPU Intel製プロセッサ(3GHz以上 推奨)
メモリ 8GB以上
ディスク空き容量 10GB以上
グラフィック OpenGL2.2以上に対応したグラフィック
その他 USBドングルに対応(オプション)
要USBポート

製品に関するご相談・お見積もりはお気軽にお問い合せください

  • 045-316-4331