PRODUCT製品紹介

FeatureCAM Advanced Manual

03.フィーチャー

ポイントパターン

ポイントパターンは、任意のフィーチャーを任意の座標位置にコピーする場合に使用します。

adv041.jpg

①原点にコピー

図形データ(カーブ)を原点にコピーします。
コピーする際に、原点に移動しやすい箇所を選びます。

adv042.jpg

②基準点に円を作成

原点にあたるのと同じ場所に円を作成します。
この円の中心位置を基準に加工位置を指示していきます。
作図した円を利用して加工位置を指示しますので、図形データ上に無い半径の円を作成するのが良いでしょう。

adv043.jpg

③フィーチャー作成

原点に作成した図形データ(カーブ)に対して
(ポケット)フィーチャーを作成します。

adv044.jpg

④パターンフィーチャー作成

先程作成した円を全て選択した状態で
フィーチャーのボタンを押してフィーチャーを作成します。

adv045.jpg

⑤フィーチャー選択

同一半径の真円を複数選択している状態だと、
"孔"と"フィーチャーからパターン作成"にチェックが
入っていますが、"パターン"に変更します。

adv046.jpg

⑥パターン化するフィーチャーの選択

先程作成した(ポケット)フィーチャーを選択します。

adv047.jpg

⑦フィーチャー詳細設定

ポイントリストにフィーチャーを作成する座標位置と順番が表示されます。
『ソート』を利用して加工する順番を設定する事も出来ます。

adv048.jpg

ポイントパターン作成の注意点

以下のような手順でポイントパターンを作成すると、加工位置がずれます。

①基準点に円を作成

基準点となる円を作成。

adv049.jpg

②フィーチャー作成

(ポケット)フィーチャーを作成します。

adv050.jpg

③パターン作成

先程作成した円を全て選択した状態で
フィーチャーのボタンを押してポイントパターンフィーチャーを作成します。








原点を基準にしたフィーチャーの円の距離と同じ距離だけ
フィーチャーが移動します。

adv051.jpg

製品に関するご相談・お見積もりはお気軽にお問い合せください

  • 045-316-4331