PRODUCT製品紹介

FeatureCAM Advanced Manual

09.フィーチャー認識

フィーチャー認識 側面

フィーチャー認識とは、3次元ソリッドモデル形状からフィーチャーを直接作成する機能です。

①3次元ソリッドモデル

右図のソリッドモデルを読み込みもしくは作成します。

adv244.jpg

②フィーチャーを作成

新規フィーチャーから「サイド」と「フィーチャー認識で抽出」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

adv245.jpg

③フィーチャー抽出方法を選択

「側面サーフェスを選択」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

adv246.jpg

④フィーチャーサーフェスを登録

フィーチャーを作成する時の立ち壁となるサーフェスを登録します。
「次へ」をクリックします。

adv247.jpg

⑤フィーチャー加工サイドを設定

フィーチャー加工サイドを確認します。

adv248.jpg

⑥フィーチャー位置を設定

フィーチャー位置を設定します。
通常は上部と下部をモデル上からピックしますが、側面から作成する場合は、側面形状から判断します。
「次へ」をクリックして下さい。

adv249.jpg

⑦ストラテジーを設定

フィーチャーをどの様に加工するか設定します。
「次へ」をクリックします。

adv250.jpg

⑧工程作成

工程が自動作成されます。
「終了」をクリックします。

adv251.jpg

⑨シミュレーションを実行

シミュレーションを実行します。
工具パスと3Dシミュレーションで形状を確認します。

adv252.jpg

製品に関するご相談・お見積もりはお気軽にお問い合せください

  • 045-316-4331