PRODUCT製品紹介

FeatureCAM Advanced Manual

09.フィーチャー認識

フィーチャー認識 水平

例として、右図のような形状に対してフィーチャー認識を行ないます。

adv253.jpg

①フィーチャーを定義

カーブから作成の「ポケット」と「フィーチャー認識で抽出」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

adv254.jpg

②フィーチャー認識抽出方法を選択

「水平サーフェスを選択」に切り替えて「次へ」をクリックします。

adv255.jpg

③フィーチャーサーフェスを登録

フィーチャーを認識させるサーフェスを登録します。
ポケット形状の底面を登録して「次へ」をクリックします。

adv256.jpg

④フィーチャー位置を設定

フィーチャーのZ位置を設定します。
「上部」の矢印ボタンをクリックして、3Dモデルエッジ上をクリックします。
自動的に値が取得されます。「次へ」をクリックします。

adv257.jpg

⑤ストラテジーの設定

今回のポケット加工に対してどの様に行なうか設定します。
今回はそのまま「次へ」をクリックします。

adv258.jpg

⑥工程が自動作成

工程が自動作成します。そのまま「終了」をクリックします。

adv259.jpg

⑦シミュレーションを実行

シミュレーションを実行します。
工具パスと3Dシミュレーションの両方で確認して下さい。

adv260.jpg

製品に関するご相談・お見積もりはお気軽にお問い合せください

  • 045-316-4331