PRODUCT製品紹介

FeatureCAM Advanced Manual

09.フィーチャー認識

フィーチャー認識 自動認識

フィーチャー認識オプションの「自動認識」は『ソリッドモデルのみ有効』です。サーフェスモデルでは使用することが出来ません。

①サンプルデータ

例として、右図のような形状を用意しました。

adv272.jpg

②フィーチャーを作成

フィーチャーを作成します。
「ポケット」と「フィーチャー認識で抽出」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

adv273.jpg

③抽出方法を選択

「自動認識」に切り替えて「次へ」をクリックします。

adv274.jpg

④作成するフィーチャーを選択

認識されたフィーチャーが表示されます。
認識されたフィーチャーをクリックすると、選択色に変わります。選択したフィーチャーのみ作成します。
「すべて選択」のボタンをクリックして「終了」をクリックします。
シミュレーションで工具パスの確認をします。

完全に閉じた形状になっている箇所がポケットとして認識されていると思います。

adv275.jpg

⑤サイドフィーチャーを抽出

フィーチャーを作成します。
「サイド」と「フィーチャー認識で抽出」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

adv276.jpg

⑥抽出方法を選択

「自動認識」に切り替えて「次へ」をクリックします。

adv277.jpg

⑦作成するフィーチャーを選択

サイドフィーチャーとして認識した部分が表示されます。
今回は右図2箇所のフィーチャーを選択します。
「終了」をクリックするとフィーチャーが作成されます。
シミュレーションで工具パスの確認をします。

adv278.jpg

⑧工具パス確認1

1つのフィーチャーは問題の無い工具パスが作成されています。

adv279.jpg

⑨工具パス確認2

フィーチャー形状によっては、右図のようになる場合があります。
このような場合は、「フィーチャーカーブを自動連接」や、「サーフェス投影」で図形を作成して任意の形状のカーブを作ってフィーチャーを作成して下さい。

adv280.jpg

⑩孔フィーチャーを抽出

フィーチャーを作成します。
「孔」と「フィーチャー認識で抽出」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

adv281.jpg

⑪抽出方法を選択

「多重孔を認識」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。
全ての孔を一括で認識させる場合にはこちらを選びます。

adv282.jpg

⑫認識したフィーチャーを確認

認識した孔フィーチャーが表示されます。
孔の始まる高さが3Dモデルと同じ高さになっていると思います。
「全て選択」ボタンをクリックして「終了」をクリックします。

adv283.jpgadv284.jpg

製品に関するご相談・お見積もりはお気軽にお問い合せください

  • 045-316-4331