PRODUCT製品紹介

FeatureCAM Advanced Manual

09.フィーチャー認識

フィーチャー認識 水平セクション

側面、水平、自動認識のどの方法でも出来ない場合は、水平セクションが有効です。

①サンプルデータ

例として、右図のような形状を用意しました。

adv290.jpg

②フィーチャーを作成します

ポケットフィーチャーを「フィーチャー認識」を使用して抽出します。
フィーチャー抽出方法は「水平セクションを使用」に切り替えて「次へ」をクリックします。

adv291.jpg

③スライス位置を指示

スライス位置の矢印ボタンをクリックして、モデル上のスライスする位置をクリックします。
今回は右図あたりをクリックします。
Z高さが自動的に入力されます。

「プレビュー」をクリックします。
設定した高さでモデルが水平にスライスされます。「次へ」をクリックします。

adv292.jpgadv293.jpg

④カーブを作成

「上面からのビューに変更」ボタンをクリックして、カーブを作成します。
今回は左ポケット部分を作成します。カーブを作成したら「次へ」をクリックします。

adv294.jpg

⑤フィーチャー位置を設定

フィーチャー位置を矢印ボタンでモデル上をクリックして指示します。
「次へ」をクリックします。

adv295.jpg

⑥シミュレーションを実行

シミュレーションで工具パスを確認します。
このようにモデルからカーブを作成しながら簡単にフィーチャーを作成できます。

adv296.jpg

製品に関するご相談・お見積もりはお気軽にお問い合せください

  • 045-316-4331