PRODUCT製品紹介

FeatureCAM Advanced Manual

09.フィーチャー認識

フィーチャー認識 AFR

対話形式で進めていく認識とは異なり、全てを自動で処理するのがAFRという機能です。

①サンプルデータ

例として、右図のような形状を用意しました。

adv308.jpg

②AFRを実行

ステップメニュー「AFR」のボタンをクリックします。

adv309.jpg

③AFRの画面

AFRは1つのソリッドに対してのみ行ないます。
「オプション」ボタンをクリックします。

adv310.jpg

④AFRオプション画面

認識の方法などを設定する画面です。
孔パターンを作成にチェックを入れてOKをクリックして「次へ」をクリックします。」

adv311.jpg

⑤セットアップを選択

どのセットアップから認識させるか選択することが出来ます。
フィーチャーはそれぞれ認識したセットアップ下に配置されます。
「次へ」をクリックします。

adv312.jpg

⑥AFR確認

ソリッドモデルを2次元的に分割して認識します。
ボスやポケットもサイド加工として認識します。

adv313.jpg

⑦フィーチャーを選択

一覧のチェックが入っているフィーチャーを最終的に作成します。
そのまま「完了」ボタンをクリックします。

adv314.jpg

⑧シミュレーションを実行

シミュレーションで工具パスの確認をします。
工具は、コーナーRを認識して選択されます。
このままだと細めの工具のみで加工する形になっています。

adv315.jpg

⑨マルチ荒加工を設定

初期設定を開きます。
「工具選択」タブ内の「マルチ荒加工工具」ボタンをクリックします

adv316.jpg

⑩マルチ荒加工工具を設定

"大径から小径でマルチ荒加工工具を使用し・・・"に切替えます。
工具直径に「16」を入力します。
「形状の最小半径に適した追加工具を自動選択」にチェックをいれてOKをクリックします。
再度シミュレーションを実行し、違いを確認して下さい。

adv317.jpgadv318.jpg

製品に関するご相談・お見積もりはお気軽にお問い合せください

  • 045-316-4331