PRODUCT製品紹介

FeatureCAM Advanced Manual

10.パス編集

工具パス編集

FeatureCAMのコンセプトは「自動で工程を作成する」事ですが、作成されたパスを編集したり、マニュアル的に絵で描いたような動きをさせる事も可能です。

①サンプルデータ

例として、右図のフェース加工を定義した状態にします。

adv319.jpg

②フィーチャーを作成

「新規フィーチャー」を開き、「フィーチャーから作成」内の「ツールパス」を選び次へをクリックします。

adv320.jpg

③工程を選択

パスを編集する工程を指定します。
「次へ」をクリックします。

adv321.jpg

④ポイントを確認

指定した工程の動作ポイントが一覧に表示されます。

adv322.jpg

⑤選択ポイントを確認

一覧のどれかをクリックして選択します。
その動作が画面上でハイライトします。
「次へ」をクリックします。

adv323.jpg

⑥工程が作成

工程が作成されます。
「終了」をクリックします。
工具が選択されていない場合は工具を選択します。

adv324.jpg

⑦ツールパスフィーチャー

パーツビューを開きます。
「ツールパス」が追加されています。
「フェース」のチェックは外します。

adv325.jpg

⑧シミュレーション実行

フェースフィーチャーと同じ軌跡で動きます。

adv326.jpg

⑨プロパティを開きます

プロパティ「ツールパス」タブを開きます。
「Ctrl」キーを押しながら変更する箇所を選択します。
選択されたパスは赤い矢印で表示されます。

adv327.jpgadv328.jpg

⑩早送りに設定

選択した状態で右クリック「早送りに設定」を選びます。
動作が早送りに変更されます。

adv329.jpg

⑪シミュレーション実行

NCデータを確認すると、ステップオーバー動作が早送りに変更されています。

adv330.jpg

製品に関するご相談・お見積もりはお気軽にお問い合せください

  • 045-316-4331