DOCUMENT資料

CAD / CAM GLOSSARY

CAD/CAM用語集

CAMとは

CAM(コンピュータ支援製造)とは、パソコン上でコンピュータ数値制御(CNC)の工作機械を操作する為の加工プログラムを作成するソフトウェアです。
CADなどで作成された設計図面を元に、CAMで加工プログラムを作成し、工作機械にプログラムを渡して実際の加工が行なわれます。

CAMの利点

・工作機械へ直接入力するよりも、素早く正確な加工プログラムが作成出来て、ある程度の加工予想時間を算出出来る為、見積りの作成やスケジュールの調整がし易くなります。
・パソコン上で「食い込み」「削り残し」「ワークなどに干渉した」などデータに問題があった場合でも、工作機械を動かす前に発見することが出来ます。
・自由曲面の加工や多軸加工など、直接入力では対応しきれない複雑な加工でも、CAMを用いることで加工プログラムを作成することが出来ます。

CAMは各社それぞれ独自の特徴や性格がある為、個別で導入される場合が多いです。
異なるソフトウェアでデータのやり取りを行なった場合、データ間の互換性による問題が発生する場合があります。
CAD/CAMと言われる、CADを搭載されているソフトウェアもあり、CADとCAMの両工程を担当出来ます。この場合、データ互換性の問題が無い為、高い生産性の実現が可能です。

製品に関するご相談・お見積もりはお気軽にお問い合せください

  • 045-316-4331