PRODUCT製品紹介

FeatureCAM Advanced Manual

10.パス編集

工具パス編集 カーブから

カーブを描いて、その経路通りに動かすことが可能です。

①サンプルデータ

例として、右図のようにカーブを作成しました。

adv335.jpg

②フィーチャー作成

フィーチャーを開きます。
「ツールパス」に切替えて「次へ」をクリックします。

adv336.jpg

③カーブを選択

「カーブ」に切替え、作成したカーブを一覧から選びます。
選択したら「次へ」をクリックします。

adv337.jpg

④方向を選択

一覧の1つを選択して方向を確認します。
今回はダウンカットで加工するので、右図のような方向の場合はカーブを反転します。

adv338.jpg

⑤カーブを反転

「カーブ始点/反転」を実行します。
カーブを選択して「反転」にして「適用」を押します。
再度「ツールパス」フィーチャーを作成して下さい。

adv339.jpg

⑥方向を確認

方向を確認します。
右図のようになっていれば「次へ」をクリックします。
その他そのままの設定でフィーチャーを作成します。

adv340.jpg

⑦シミュレーション実行

シミュレーションを実行して工具パスを確認します。
※カーブ通りに動くので、R点や早送り平面への移動はありません。

adv342.jpg

⑧ツールパスにセグメント追加

プロパティの「ツールパス」タブを開きます。
一番上の行を選択します。
「セグメントを追加」ボタンをクリックします。
選択した行の上に新たに追加されます。

adv343.jpg

⑨R点を追加

セグメント追加画面上「ポイント」の「Z」に"3"を入力して「作成」をクリックします。
「OK」をクリックすると、工具パスにセグメントが追加されます。
「セグメントを追加」ボタンをクリックします。
選択した行の上に新たに追加されます。

adv344.jpg

⑩早送り移動を追加

⑨で追加したポイントを選択してその前に「早送り」動作を追加します。
セグメントの追加画面に「早送り」をチェックします。
「ポイント」の「Z」に"20"を入力して「作成」をクリックします。
「OK」ボタンをクリックすると追加されます。

adv345.jpg

⑪回避動作を追加

終了点に早送りで回避する動作を追加します
一番最後の行を選択して「セグメントの追加」をクリックします。
「早送り」と「最終ポイントの後に追加」にチェックを入れて、「Z」に"20"を入力して「作成」をクリックします。
「OK」ボタンをクリックすると最後の回避動作が追加されます。

adv346.jpg

⑫補正動作を設定

プロパティ「ツールパス」タブより、右図の動作を選択して右クリックします。
「左側補正を実行」を選びます。

adv347.jpg

⑬補正動作を設定

残りの補正動作を設定します。
右図のように補正動作を設定します。
設定出来たらNCデータを確認します。

adv348.jpg

⑭ツールパスをコピー

「ツールパス」を選択して「変換」コマンドを実行します。
XYZ距離:Z-10
コピー:10
フィーチャーがZ方向に複数コピーされます。

adv349.jpgadv350.jpg

⑮シミュレーション実行

シミュレーションを実行して工具パスの確認をします。

adv351.jpg

製品に関するご相談・お見積もりはお気軽にお問い合せください

  • 045-316-4331